セルフケアで健康生活

三井温熱療法、サプリメント、そしてジョギングやエアロビクスなどの有酸素運動による健康生活を綴ったブログです

いつも愛用している「三井温熱器」、その三井温熱療法についての良書2冊


f:id:kenkou07:20190713184046j:plain

自分には欠かせない相棒となっている三井温熱器。

 

仕事の合間や、夜寝る前にいつも体に当てて注熱しています。

f:id:kenkou07:20190423184330j:plain

 

使い方は豊富で、様々な状態に対応した、熱の当て方があります。

 

自分は睡眠の質の向上を主な目的で利用しています。

これを使うようになってからは、ぐっすり休めるようになりました。

 

その他、冷え対策や目の疲れなどに自分は重宝しています。

 

肩こりや腰痛の改善・予防に使われる方も多いです。

 

三井温熱療法のセルフケアについてはこちらをご参照ください。

 

 

三井温熱療法を行う上で、とても参考になる、バイブル的な本2冊を紹介します。

 

注熱でガン・難病が治る

1冊目は、三井温熱療法の創始者・三井と女子先生の著書

「注熱でガン・難病が治る・三井式温熱治療のすべて」という本です。

 

ガンが治るとありますが、自分は癌は治らないと思います。

 

体表から温熱器を当てるだけでは癌細胞は死にません!そこまでやろうとすれば皮膚が持ちません。

 

しかし、体に熱を入れることの効果は立証済みですし、熱を入れることにより、活性酸素を減らしたり、交感神経の過剰を抑えたりするので、癌の予防、増殖を抑えるのには役に立つのではないでしょうか?

 

体にとってストレスはとても大敵ですので

 

そのあたりの話は、阿保徹先生の本などにもよく書かれていますね。

 

この本は、各臓器、症状ごとの熱の入れ方も詳しく書かれていますので、とても参考になります。

 

この本は絶版になっていますので、今後製版されないので貴重な1冊です。

 


注熱でガン・難病が治る―三井式温熱治療のすべて

 

 

熱をもって病を制す!

2冊目は現役の三井温熱療法師・徳山聖徳先生の

「熱をもって病を制す!」という本です。

 

こちらは、現役治療家の著者の思いが詰まった1冊ですが、生理学的に熱が体に入って行く理論、注熱の効果も詳しく書かれています。

 

特に自律神経については詳しく書かれていますので、そちらに興味がある方にもおすすめです。

 


熱をもって病を制す! ~なぜ、「三井温熱療法」はどんな病気も癒せるのか?~ (ワニプラス)

 

 

温熱療法や自律神経に興味のある方、またはセルフケアでご自分の健康の維持・増進をしたい方はぜひ一読されてはいかがでしょうか。

 

 

温熱器でセルフケアを始めて約2年、不眠が解消されたことで体調がとてもよく、仕事や有酸素運動などにも前向きに取り組めています。

 

そして何よりも気持ちがいいです

 

それが体には一番ですね。