セルフケアで健康生活

三井温熱療法、サプリメント、そしてジョギングやエアロビクスなどの有酸素運動による健康生活を綴ったブログです

夜ラン~走りやすい季節になってきました~LSDとスロージョギング


f:id:kenkou07:20190713184046j:plain

5月に入り、日中は暑くなる日もありますが、夜にジョギングするにはとても走りやすい季節です。

 

数年前まではフルマラソンなどに参加していましたので、走ることに多くの時間を費やしていましたが、最近は健康ジョギングのみですので、走るのは週1,2回程度です。

 

その代わりに、エアロビやその他運動はしっかりおこなっています。

 

でもジョギングはやはり気持ちいいです。

 

 

夜ランに快適な競技場

f:id:kenkou07:20190428093523j:plain

主に夜ランを行っている陸上競技場

 

夜9時までは、ランニングやウオーキングをする人のために照明がついています。

 

また、全天候型トラックなので足にも優しく走りやすいです。

公道と違い競技場内なので安全で、音楽を聴きながら走れるのもいいです。

f:id:kenkou07:20190428094456j:plain

400メートルトラックの外周に1周500メートルのコースがあります。

 

さらにその外側は芝生になっていて、気分によって芝生コースを走ることも出来ます。

 

だいたい陸上の練習はトラックで、ジョギング、ランニングは外周500メートルコース、ウオーキングは芝生を歩くパターンが多いです。

 

しかし、決まりはないので、駅伝選手がLSDで外周や芝生を走ることもあります。

 

 

LSDとスロージョギング

 ちなみにLSDとは

Long Slow Distanceの頭文字からとっており、「ゆっくり」「長く」走るというトレーニングです。

 

スローペースで長く走ることにより、心肺機能が高まるので、マラソンをされる方はよく取り入れられている練習法です。

 

自分のようにマラソン練習ではなく、健康目的のジョギングだったら、あまりこだわることなく、とにかく「ゆっくり」「気持ちよく」走ることが大切です。

 

自分はだいたい1キロ6分半くらいのペースで1時間程走ることが多いです。

 

健康の為のジョギングなので、もっとゆっくり、歩くのとあまり変わらないようなペースのスロージョギングのほうがいいのでしょうが、自分はそれだと逆に疲れてストレスになるので、ゆっくり走って気持ちのいいペース6分半で走っています。

 

基本は楽しく走ることなので、あまりペースや距離を意識しすぎないほうがいいと思います。

 

しかし、スロージョギングは健康の為にはとてもいい走り方です。

 

有酸素運動でも個人の走力にもよりますが、1キロ6分半位のペースで走っていると、10キロ超えたころから乳酸が発生してきます。

 

1キロ9分を超えるような超スローペースだと、どれだけ走っても乳酸が発生しません。

 

同じく1キロ4分くらいで走れる人が、1キロ7分で走っても乳酸は発生しません。

明確な境界はありませんが、一般にこちらをLSDと呼んでいます。

 

 

スロージョギングもLSDもどちらも「眠っている毛細血管を目覚めさせます」。

 

毛細血管を目覚めさせるには、弱い刺激を長時間与え続けることでのみしかありません。

 

眠っている毛細血管を目覚めさせれば、血の巡りが良くなり、血圧も正常化します。

血流改善にはスロージョギングとLSDはとても適していることになります。

 

 

とは言っても、自分はスロージョギングペースではなく、普通の楽なペースのジョギングをやっています。

 

距離や時間を追い込まなければ(10キロ程度まで)、それでも健康的だと思います。

 

あまりこだわらずに、楽しくジョギングを続けながら、そのうちスロージョギングもマスターしていこうと思います。