セルフケアで健康生活

HLPミミズ乾燥粉末の健康堂ショップブログ。セルフケアについて綴っていきます

健康ジョギングだからこそシューズ選びは大切!膝・腰を故障から守るためにも自分に合ったものを選びましょう


f:id:kenkou07:20190713184046j:plain

健康の為にジョギング・ランニングをされる方も多いと思います。

 

大会に出るわけではないし、フルマラソンを走る予定もないからと言って、シューズはどうでもいいと考えるのは大間違いです。

 

特に、健康の為でも1回のジョギングで1時間程度は走る方は、自分の足型や特徴に合ったシューズを選びましょう。

 

 

オーバープロネーションかニュートラルか

ランニングの着地の時は、かかとがやや内側に倒れるのが自然の動きですが、それが過剰になり過ぎた状態がオーバープロネーションです。

 オーバープロネーションの方はとても多いです。

 

 かかとの内側倒れが過剰ではなく適度に倒れて、スムーズな足の運びが出来るのが、ニュートラルプロネーションです。

 

 逆に内側への倒れこみがほとんどなく、衝撃をほとんど吸収できないのが、アンダープロネーション(サピネーションとも言います)です。

 

アンダープロネーションの方はあまりいませんが、アンダープロネーション用のシューズはあります。

 

しかし、アンダープロネーションの方は、走り方というよりも骨格(O脚の方が多いです)の関係が強いですので、シューズだけで補うのは難しいです。

 

 

オーバープロネーション用のシューズはたくさん出ています。

オーバープロネーションも過度になり過ぎると、膝・腰の故障の原因になります。

 

また長距離を走っていて疲れやすいです。

 

 

 自分がオーバープロネーションなのかニュートラルなのかを把握して、適正なシューズを選びましょう。

 

 

ミズノ・ウエーブライダーシリーズ

自分はニュートラルタイプです。

長年愛用しているシューズはミズノの「ウエーブライダー」です。

 

f:id:kenkou07:20190625164305j:image

ウェーブライダーは初代が1977年に出されて、現行モデルが22代目です。

 

自分は最近はフルマラソンは走っておらず、健康ジョギングが主なので、あまり消耗しておらず、1番新しいのがウェーブライダー18ですが、それでもウェーブライダーシリーズ5足目です。

f:id:kenkou07:20190625165213j:image

ウェーブライダーはフルマラソン4時間以降の方にオススメのニュートラルタイプのランニングシューズですが、性能がとても高く、実業団のマラソン選手や大学駅伝選手が、トレーニング用にたくさん履いています。

 

特に自分が気に入っているのが、フィット感と柔らかさです。

 

ソールの屈曲性が抜群で、かかと着地から蹴りだしまで、足底の動きを感じる事が出来ます。

 

足底をいっぱいに使うことにより、ふくらはぎのポンプ作用も活発になり、血液循環も良くなります。

 

また、クッション性が抜群なので、膝・腰への負担も軽減されます。



[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブライダー 22 [メンズ](現行モデル)

 

 

国産ブランド「ミズノ」自分には合ってます

ランニングシューズもミズノのウエーブを長年愛用していますが、エアロビシューズもミズノ・ウエーブダイバースを履いています。

 


ライダーもダイバースもフィット感が自分にはとても合います。

 

ナイキやアディダスなども、オシャレで性能のいいシューズがたくさんありますが、自分にはミズノが合っているようです。

 

これは個人の好みや相性がありますので、好き好きでいいのですが、大切なのは故障をしないことなので、間違ってマラソン3時間くらいのレース用や、ジョギング用だからといって、ペラペラの安い靴を購入しないようにしてください。

 

健康の為のランキングで故障したら元も子もないので、シューズ選びは慎重におこないましょう。